日本フイルター ソリューション事例

ソリューション事例

Solution

TOP > ソリューション事例 > 凝集沈殿処理からMICRO-FLOへ

凝集沈殿処理からMICRO-FLOへ

導入経緯

自動車部品のめっき処理を行うA社では、既設の排水処理設備の老朽化が進んだため、設備の更新を計画されていました。

生産スペース増設との兼ね合いから従来の設備と同等のスペース確保が難しいという問題を抱えていた点、
放流基準に対してより安定的な処理水質を希望されていた点から、省スペースに設置が可能で、高い処理水質を
実現可能な『マイクロフロー MFCW-8H』を組み込んだコンパクトな排水設備をご提案し、採用いただきました。

製品情報

MICRO-FLO

膜分離装置 マイクロフローCF
型式 MFCW-8H
処理能力 ~20m³/h
膜モジュール本数 8本
動力 19.5kW
寸法 長さ(L) 4,580mm
幅(W) 1,900mm
高さ(H) 2,450mm
運転重量 3,600kg

製品詳細

解決すべき課題

課題 1

生産ライン増設に要するスペースの都合から、排水処理設備のスペースを従来よりコンパクトにする必要がありました。

課題 2

凝集沈殿で処理していましたが、沈殿槽からのキャリーオーバーによって放流基準値ぎりぎりになるケースがあり、
より安定した処理水質を必要とされていました。

導入効果

ソリューション 1

マイクロフローによる排水設備の設計では、凝集沈殿処理による排水設備に対し、設置面積、有効高さ、設置容量を20~30%程度、削減する事ができます。

右の図は20m³/hの凝集沈殿処理による排水設備とMFCW-8Hによる排水設備の比較の例ですが、約82m²の空きスペースが生まれています。

下の図は20m³/hの凝集沈殿処理による排水設備とMFCW-8Hによる排水設備の比較の例ですが、約82m²の空きスペースが生まれています。

生産スペースの他にも、ユーティリティの増設や薬品置場、スラッジ置場として省スペースの利点を生かして頂く事例もございます。

マイクロフローと凝集沈殿処理の設置スペース比較

ソリューション 2

精密ろ過膜により重金属水酸化物の処理を行うマイクロフローをご採用いただいたことにより、処理水質が安定し、放流基準ぎりぎりになることもあった従来の不安定さは解消され、余裕のある処理値となりました。

右の表は、MF膜処理水と従来設備での水質比較です。

下の表に、MF膜処理水と従来設備での処理水の比較を記載します。

独自開発のMF膜による処理水は、水質の高さや清澄さに驚かれるユーザー様も多く、要求される処理基準を安定的に達成するとともに、環境負荷の低減にも貢献します。

日本フイルターは、マイクロフローによる、省スペースかつコンパクト、高い処理水質を実現する排水設備を、トータルにご提案いたします。

水質項目 原水 mg/L MF処理水 mg/L 従来の処理水
懸濁物質 2,240 < 1 7.67
ニッケル 226 0.15 2.92
458 < 0.1 0.18
亜鉛 363 0.1 0.30
3.68 < 0.1 0.42
アルミニウム 1.50 < 0.1 0.20
全クロム 180 0.1 0.60
Contact

資料請求・お問い合わせ

ソリューション事例 TOPへ戻る