日本フイルター 採用ページ

採用情報

Recruit

TOP > 採用情報 > BUSINESS -事業内容を知る-

Business

事業内容を知る

「水資源の有効利用により、環境負荷の低減とお客様のコスト低減を図る」
これが、日本フイルターのベースとなる提案姿勢です。

「めっき」は現代産業のキー・テクノロジー

「めっき」は現代産業の
キー・テクノロジー

日本フイルターの事業は、めっきを中心とする表面処理業界をフィールドに、精密ろ過や洗浄排水のリサイクル、重金属を含有した排水処理の設備や装置に関して、開発から生産まで一貫して手掛けています。

めっきとは、鉄やプラスチックの表面に、亜鉛・クロム・金などの金属を被膜化し、防錆性・耐久性・導電性などの特性を付与することで、製品を高機能化する技術です。

たとえば、スマートフォンやPCなどの電子部品や半導体、自動車部品に、めっきは不可欠な要素技術です。

これまでも、これからも、めっきは「生活のあたりまえ」を支える、キー・テクノロジーなのです。

表面処理業界で65年、ニッチトップを独走

表面処理業界で65年、
ニッチトップを独走

めっき工程で使用される薬品は、通常の工程よりも特殊な薬品が多く、強酸薬品やアルカリ薬品に耐性のある「精密ろ過機」が求められます。そうしたリクエストに対し、さまざまな特性を持つプラスチック製のろ過機を開発し、実用化してきたのが日本フイルターでした。また、射出成形により品質が安定した製品を、豊富なバリエーションで揃え、自社生産している国内唯一のメーカーでもあります。

パイオニアとして、長年にわたる技術的な蓄積が私たちにはあります。そうしたノウハウがお客様の課題の解決や、新製品の開発など、随所に活かされています。また、外部委託のない徹底した自前主義にこだわり、設計思想を開発段階から生産工程まで一貫できることが、品質に対する市場からの高い評価につながっています。

精緻な設計計算で、工程全体をデザイニング

精緻な設計計算で、
工程全体をデザイニング

主な事業フィールドである「精密ろ過」「純水・水リサイクル」「排水処理」それぞれの分野で、独自性の高い製品を保有していることが日本フイルターの強みです。さらに製品のみならず、水処理のスペシャリストが集結した技術コンサルティング部門、自社内でさまざまな液の調査・分析を行う米沢テクニカルセンターなど、精緻な設計計算に基づくデザイニングを、お客様の工程全体にわたってご提案できます。

コアは、「精緻」であること。今後、デジタル化が急速に進展し、それを支える精密・電子部品に必要なスペックは、ますます高密度・高機能化していきます。日本フイルターは独自の技術力で時代の要請に応えるとともに、空気でも光でもない「水のフィルター」にこだわり、さらなる精緻さを追求していきます。

サステナブルな社会へ、「水」というアプローチ

サステナブルな社会へ、
「水」というアプローチ

04.jpg

日本の先端テクノロジーの重要な要素技術である表面処理工程では、さまざまな金属や薬品、その洗浄などに伴う大量の水を使用することは避けられません。しかし、そうした排水をそのまま河川に放流してしまえば、大きな環境負荷を引き起こします。

排水設備は、お客様の売上に貢献する設備ではありません。しかし、限りある水を有効に活用することで、お客様のコスト削減に貢献できます。さらに、川に放流する水をきれいにすることで、環境負荷の低減にも大きく貢献します。

独自の技術に裏打ちされた製品の安定供給を通じて、お客様の生産工程を支えること、さらに環境負荷の低減に寄与し続けること。これは企業として果たす社会的責任であると私たちは考えています。

Working
働く環境を知る